サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
サムネイル4
サムネイル5
サムネイル6

書誌情報

集英社文庫(日本)

江戸川乱歩と横溝正史

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著者:中川 右介

あらすじ・概要

ライバルにして、親友 作家にして、編集者
同時期にデビューし、盟友として互いを支え合った二人を通して、日本ミステリ史、出版史を描ききる対比評伝
いまなお文庫界を牽引する両巨頭の軌跡を辿る

日本の探偵小説を牽引した二大巨頭、江戸川乱歩と横溝正史。ほぼ同時期にデビューした二人は、盟友として認め合い、生涯変わらぬ友情で結ばれた。それも作家同士というだけでなく、時に一方が編集者となって支えるという希有なつながりだ。この濃密な関係はどのように生まれ、育まれたのか──二人の足跡を辿りながら、数多の作品群を通して出版界の興亡のドラマをも描き出す、空前の対比評伝。