サムネイル1
サムネイル2

書誌情報

集英社文庫(日本)

うつくしい人 東山魁夷

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著者:村上 通哉

あらすじ・概要

日本画の巨匠の知られざる素顔。ある中学教師との奇跡の交流、感動の記録。 あの方にして、この絵あり。いきなり文庫!

東山魁夷と特別な親交を結んだ中学教師がいた。1980年、文化祭の企画が縁のはじまり。翌年、著者は生徒たちと展覧会に招待され、子どもたちを大人と対等に客人として遇する画伯の態度に感動する。子どもたちへのまなざしが共感を生んだのか、東山夫妻との交流は続いた。「あの方にして、あの絵あり」。著者が目の当たりにした、巨匠の知られざる素顔。魁夷作品の鑑賞に奥行きを加えてくれる感動の書。