サムネイル1
サムネイル2

書誌情報

集英社文庫(日本)

青い月曜日

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著者:開高 健

あらすじ・概要

今読むべき、開高文学の原点!
『輝ける闇』に連なる自伝的小説
2019年 没後30年

少年時代と青春時代はいつもとめどない宿酔であった──。太平洋戦争中の暗く切ない、そして戦後の活力みなぎる時代に私の青春があった。中学一年で父を亡くし、戦後はさまざまな職業に就きながら人生への希望や不安を抱えて過ごしていた。自らの過去を見つめ、魂の彷徨や青春に宿るさまざまな陰影を鮮やかに描いた傑作。今なお根強い人気を誇る開高健。文壇での立ち位置を決定づけた自伝的小説。