書籍試し読み
詳しくはBOOK NAVIへ
 
岳飛伝 五 紅星の章
北方謙三

    九頭の宙

   一

 剣の稽古は、続けていた。しかし、日頃は剣を佩くことはなかった。邪魔になるし、剣を遣う職掌でもない。
 暇があれば、馬にも乗った。父の宣賛は、史進の乱雲を見事に乗りこなしたという。宣凱が荷崩れで大怪我をした時、父は乱雲で駈けつけてきたのだ。
 馬の背にしがみつくだけだった父に、乗馬を教えたのは、林冲だったという。
 林冲という、いまだある畏怖を持って語り継がれる豪傑が、父に自ら乗馬を教えたというのが、宣凱には不思議だった。父の世代の、梁山泊のありようが、いまひとつ宣凱には理解できない。
 周囲に、二十騎いた。その後方に、さらに五十騎がいる。呼延凌が、選びに選んだ警固の兵である。警固は、それだけではないようだった。方々に致死軍の兵がいるようで、それは先行していて、いつも宣凱を迎える恰好になる。
 いま、自分が岳飛と会わなければならない理由は、なにも見出せなかった。
 呉用の、意思である。呉用はまた、遺言だと言った。最後の頼みだとも、命令だとも言った。呉用がそれだけのことを言ったのは、はじめてと言っていい。
 これまで、意思表示のようなものはせず、宣凱が言ったことに、同意するか否定するかだけだったのだ。
 呉用がいることが、宣凱にとっては救いだったが、時々、死ぬことはないのではないのか、という気分に襲われる。もしそうなら、たまらなく煩わしい存在になる。
 呉用がいなくなったらどうなるか、という想定は、飽きるほどくり返した。いまはもう、それすらもやらなくなった。
 呉用は、岳飛に会えと言っただけで、なにを話すかについては一切なかった。
 すべて自分に任されたことだ、と出発してからは思うようになった。以前なら、理不尽とさえ感じただろう。梁山泊の宣凱として、岳飛と話せばいいと思い、それ以上のことは考えず駈けてきた。
 戦場として予測される場所を、大きく迂回してきた。金国との講和はあるのだから、どこにいてもいいようなものだが、なにしろ金国の戦相手の主力である、岳飛に会いにいくのだ。
 岳飛に会うことについて、呼延凌は自分も一緒に行くと言った。ひとりだけで行かせろと言ったのは、史進だった。
 つまり二人とも、宣凱が岳飛に会うことは、当然のことのように認めたのだ。
「このあたりから、南宋軍の勢力範囲に入るそうです。兵が蝟集している地域は避けますが、金軍の斥候とはすでに二度、遭遇しております」
 警固の隊長である高亮が、そう言った。岳飛軍の位置は、だいぶ前から把握しているようだった。宣凱は、なにも訊かない。岳飛の前に出た時から、自分の任務ははじまる。
 百騎にも満たない騎馬隊について、斥候はその動きを見失わないようにしているだけで、それ以上大きく動く気配はなかった。
「あれが」
 馬を停め、遠くの陣を指さして、高亮が言った。本寨を出発して、四日目である。
 南宋軍は、ずいぶんと北まで攻めのぼってきているのだ、と宣凱は思った。
 大きく迂回して、南宋軍の背後に出ているのだと、高亮は説明した。
「これ以上近づくのが、難しいのです。決して、捕えられたかたちで、宣凱殿を岳飛に会わせてはならない、と言われておりますので」
「誰に?」
「総帥からも、史進殿からも」
「わかった」
 宣凱は、先頭に立ち、馬を進めはじめた。高亮は慌てず、ただ馬を寄せて、宣凱の意思を確かめた。
「駈けこんでも、どこかでぶつかるでしょう。梁山泊と名乗って、攻撃されることはないという気もしますが、確認に時を要すると思います。私は急ぎ、帰らなければならないのです、高亮殿」
「しかし、ここをこの状態で突破するとなると」
「掲げてください。あの旗です」
「えっ、そのために」
 高亮は言ったが、命令には即座に従い、旗手に旗を掲げさせた。『幻』の旗である。その旗は、宣凱が自分の考えで持たせてきたものだ。
 並足で進んだ。黒地に幻の字の旗が、風に靡いて音を立てている。
 岳飛軍の陣営に、明らかにそれとわかる動きがあった。十騎ほどが飛び出してきた時、両側にも、近くにいたらしい斥候隊が三十騎ほど集まっていた。
 十騎は、宣凱の前まで駈けてきて、停まった。正面にいる大きな男が岳飛だろう、と宣凱は思った。右腕がある。それはいささか不思議だったが、岳飛に間違いはない、と確信できた。
 岳飛は、旗をじっと見つめていた。いくらか悲しげに見える視線は、いつまでも動かなかった。
「その旗の、存念を聞こうか」
「梁山泊聚義庁の宣凱と申します。前頭領、楊令殿の代理のつもりで、旗を掲げました」
「代理だと、楊令殿の」
 岳飛の視線が動き、宣凱を見つめてきた。やはり悲しみが滲んだような眼だが、宣凱はまったく身動きができなくなった。
「生きていた時の楊令殿の、代理のつもりで岳飛殿に会いに来たのです」
「つもりだと言うのか?」
「いま、楊令殿はおられません。だから私が勝手に代理と言っています」
 岳飛の視線が、高亮の方へむき、それから七十騎の警固の兵を見渡した。戻ってきた視線は、束の間、宣凱にむいただけで、また『幻』の旗を見つめはじめた。
「その旗を、降ろしてくれぬか、宣凱殿」
「そうしろと言われるのなら」
 宣凱が、眼で高亮に合図を送ると、旗が伏せられた。
「立派な指揮官だ。兵も、思わず眼を見張るほどだ。しかし俺の知らない顔だし、黒騎兵でもない」
「呼延凌麾下の、高亮と申します」
 岳飛は、またしばらく宣凱を見つめた。
「宣凱殿、梁山泊の宣凱殿として、俺と話そうとは思わんか」
「結局は、そうなると思います。私の気持を、唐突に申しあげてしまいました」
「よかろう。陣中に来られよ。高亮、馬の世話は、そこでできる」
「助かります」
 岳飛が馬首を回すと、宣凱は縛られていた縄を解かれたような気分になった。
 すでに駈けている岳飛を追って、宣凱は馬腹を蹴った。陣中を見回すことなどできず、大きな背中だけを見つめていた。
 幕舎が三つあり、『飛』の旗が立っている。馬を降りると、宣凱ひとりが請じ入れられた。従者らしい兵が二名いた。岳飛が右手を挙げると、二名は出ていった。
「人は払った方がよかろう。掛けられよ、宣凱殿」
 宣凱は胡床に腰を降ろし、岳飛の右腕に眼をやった。
「これか。毛定という、梁山泊出身の医者が、義手を作ってくれてな」
「毛定殿ですか。私のこの脚は、毛定殿が手当てされれば、治ったかもしれないと、ほかの医師に言われました」
「戦ではないのだな?」
「荷が崩れて、下敷きになったのです」
 岳飛が、腰の袋から干した棗の実を出し、小さな卓の上に置いた。
「戦場のことゆえ、なにも出せん」
「そんなことは」
「宣凱殿といえば、お若いが、ひとりで金国との講和交渉をなされた方だな」
「その結果、金軍は南進する力を得ました。私は、南宋に仇なすことをしたのかもしれません」
「どこを敵ともしていない、講和ではないか。戦の意味が、梁山泊にはなかった、ということだな」
 正確にものを見ている、と宣凱は思った。それに、最初に感じた圧倒的な威圧感はきれいになくなっている。
「宣凱殿は、自分の意思でここへ来られたのか?」
「そうです」
 いま、自分はここにいる。だから自分の意思なのだ、と宣凱は思った。
「ただ、ほかの者たちの思いも、同時に抱いております」
「話されよ」
「梁山泊は、楊令殿という頭領を失いました。志、半ばでありました。志が示す国の姿というものは、時とともに変ってきています。岳飛殿の志もまた、同じだと思います」
「俺の志か。確かに、変ったと思う。盡忠報国という志に、民の姿が見えてきたのは、かなり時が経ってからだった、という気がする。それまで見えていたのは、漠然とした国だった。不正のない、立派な国を作るために闘う、というような」
「いまは、天に忠義を盡すことによって、民に報いると思っておられるのですね。替天行道の志は、天に替って不正を糺すというものでした。その言葉を掲げられた宋江殿は、旧宋との戦で亡くなられました。宋江殿の志は、楊令殿をはじめとする者たちに受け継がれ、再び旧宋との戦がはじまりました。童貫元帥が御存命のころは、果して梁山泊が勝てるのかどうか、見通すことは誰にもできませんでした。しかし、童貫元帥を倒しました。それで、旧宋は瓦解したも同然でした。替天行道が果されたという結果に見えます。しかし残ったのは、金国も含めた、三つ巴の複雑な戦と、その果てにある混乱でした」
「それでも、梁山泊は梁山泊として立ち続けた。宣凱殿、そういうところは、俺もわかっているつもりだ。楊令殿は、帝が頂点にいるという、これまでの国の姿を拒絶し、新しい国を求められた」
「私は、楊令殿と親しく語る、という機会を持ち得ませんでした。ですから、なにが思い描かれていたかは、その後の梁山泊の動きで知るしかありません」
「未知なるものに、楊令殿は踏みこまれた。それしか、俺にはわからんな。梁山泊は、物流である力を得、それは楊令殿亡きあとも、失われずに、まだある」
「替天行道の志は、かたちを変えはしても、われらの心の中に確乎としてあります。そしていま、最も近くに感じるのが、岳飛殿が掲げられている、盡忠報国の志です」
「俺は、中華を、中華の民の国にしたい。だから、抗金と叫んでいる」
「岳飛殿に、お伺いします。中華を、中華の民の国にする。その国の姿は、どういうものになるのですか?」
「それは、帝なり宰相なりが持つべき志だ」
「旧来のような国が、再び生まれる。そして腐り、民が困窮する。それでもよい、と言っておられるのですか?」
「俺は、軍人だ、宣凱殿」
「それは、逃げです」
 岳飛の眼が、射貫くように宣凱を見つめてきた。身動きができなくなりそうな自分を、宣凱は叱咤した。気を、ひとつに集める。立合と同じだ、と思った。剣で立合えば、勝負にもならないだろう。志と志で、立合おうとしている。そのための気力を、自らの中から搾り出した。
「俺は、逃げているのか、宣凱殿?」
「私には、そう思えました」
「いま、金国との戦の最中だぞ」
「承知しております。私は、戦が終った時の話をしているのです」
「終った時、だと?」
「もし勝ったら、どうなされます。もし負けたら、南宋は金国になり、抗金はただ叛乱の言葉になります。勝った時も負けた時も、絶対に変らぬというものを、岳飛殿はお持ちのはずなのです。それが、志なのですから」
 言い過ぎたかもしれないと思ったが、岳飛は考えこむような表情をした。右手が、ことりことりと、卓の上で音をたてた。
「難しいことを言うなあ、宣凱は。いや、失礼」
「呼び捨てで結構です。ただ、心の底だけは語っていただけませんか」
「戦で、次々に部下が死んでいく。そんな時に、心の底を語れと言われてもな」
「戦時であろうが平時であろうが、心の底には同じものがあるはずです」
 岳飛が、眼を閉じた。相変らず、卓では右手が音をたてている。
「なぜ、そんなことを訊きたいのだ、宣凱?」
 眼を閉じたまま、岳飛が呟くように言った。
「勝ったあと、なにをするのか。楊令殿も、岳飛殿に問いかけたかっただろう、と思っているからです」
 岳飛は眼を開かず、卓を叩き続けている。
「俺は、負け続けの武将だよ、宣凱。負けたらどうするか、ということばかり考えてきた気がする」
「それは、負けではありません、岳飛殿。考えられるのですから」
「負ければ、死あるのみか」
「闘う者は、特に大将は、勝ったらなにをするべきか、考える責任がある、と私は思うのです」
「南宋の一部将だと言ってしまうと、また逃げだと言われるのだろうな」
 岳飛が眼を開き、宣凱を見つめてきた。
「俺の方から、ひとつ訊こう。おまえは、楊令殿の死を、どういうふうに受けとめているのだ?」
「なにか、大きな流れがあったのだと思います。人の力では、どうにもならないような流れが。梁山泊を襲った、大洪水もそうです。百年、二百年に一度の大洪水が、なぜあの時に襲ってきたのか。楊令殿が、夢に手をかけようとした時に、起きたことです。人の力では測り知れない力、と言うしかありません。死に方については、些細な、つまらぬことの積み重ねの結果です」
「些細な、つまらぬことか。たとえ洪水があろうと、あそこで死ななければ、俺は討たれていた。兀朮もだ。梁山泊に対立し得る勢力は、どこにもなくなっていたな」
「それでも、起きたのです」
「そうだな。起きてしまったことだった。俺はあの時から、自分はただ生かされているだけだと、心のどこかで思うようになった」
「そうですか」
「しかし、生きている日々は、間違いなくあった。どう生きたかは、別としてだ。楊令殿は、それを奪われた。理不尽という言葉などでは足りず、なにか、人の力の及ばない、大きな流れというおまえの考えが、正しいだろう」
「さまざまなかたちで、志が受け継がれている、ということだけは確かです」
「おまえの問いに、いや、楊令殿の問いに答えよう。俺は戦に勝ち、兀朮を討つか北へ追いやるかしたら、そこで放り出すよ。どんな混乱が起きようと、中華が圧政のもとで苦しもうと、それをどうするかまで、考えることはできん」
「戦の大義は、ありそうでない、ということになります」
「勝つことが、俺の大義だ。中華を中華の民のものにするのが」
「それだけと、言いきれるのですか。それでいいと、確信を持たれているのですか?」
 岳飛が、かすかに笑みを浮かべた。力のない笑みだった。
 宣凱は、卓の上の棗の実に眼をやった。そばでは、岳飛の右手がまだ動いていた。動かすのが癖になっているのか、それとも気持がそこに出ているのか、よくわからなかった。
「宣凱。俺は戦に必死だ。その先まで考える器量はないのだと思う」
「自分の器量を、自分で決められるべきではない、と思います。自分で決めていれば、私はいま聚義庁の下働きをしています」
「金国との講和交渉は、聚義庁の総意を帯して行ったのか?」
「いえ。講和の交渉に私が赴くというのが、聚義庁の総意でありましたが、それだけです。私は、すべてをひとりで担いました」
「なるほど」
「不安に、打ち倒されそうでした。そのたびに、死んで行った人たちのことを思い浮かべました。その人たちが、私の中にいたのだ、と思っております」
「梁山泊の強さはなんだろう、といつも思い続けてきた。死んだ人間の強さだな。俺は、そう思う」
 岳飛の、右手が止まった。
「宣凱、俺に言いたいことだけを言って、去ね」
「戦のあと、私とここでこうして話したことを、思い出していただけますか?」
「思い出そう。生きていればな」
「戦場の中で、お気持を煩わせました」
「こんなところに現われるとは、いささか無謀だ」
「以前、岳飛殿も、似たようなことをされていたのではありませんか?」
「そうだ。楊令殿、張平殿、花飛麟殿と話をした。いまも、しばしば思い出す」
「私も、ここで岳飛殿と話したことを、しばしば思い出すだろう、と思います」
 一度頷き、岳飛が大声で笑った。
「また会おう、宣凱殿」
 宣凱は頭を下げ、幕舎を出た。

トップページへ戻る