書籍試し読み
詳しくはBOOK NAVIへ
俳諧でぼろ儲け
浮世奉行と三悪人
田中啓文

   抜け雀の巻

     一

 波は高く、荒かった。白い靄が立ち込めるなかを船は進んでいた。
「紺八どん、これからどないなるのやろ」
 船べりに取りすがった楫取の七助が情けない声をあげた。全身ずぶ濡れで、髭や髷からも塩水が垂れている。
「わからん……」
 この船の一切を仕切っている船頭の紺八は、ため息まじりにそう言った。
「わしにはまだ、なにがなんやらさっぱりじゃ。船頭務めて三十年になるが、こんなことははじめてやさかいどないしたらええかわからん」
「そやなあ、悪い夢を見とるような心地やわ」
 舳に当たって砕けた波が、轟音とともに雨のように甲板に降り注ぐ。七助は吐き捨てるように、
「あんな連中の言いなりにならなあかんやなんて悔しいが……多勢に無勢でどうにもならん。差しで勝負できたら、どたまかち割ったる!」
「しっ。あいつらに聞こえるぞ。福松がどうなったか忘れたか」
 紺八がにらむと、七助は口を押さえた。
「とにかくあいつらの狙いがわからんうちは、下手に逆らわんほうがええ」
「へえ。──はじめは海賊かと思たけど、こっちの積み荷が欲しいわけでもなさそうやし、船を乗っ取るつもりでもないみたいだすな」
「とにかく、このことを旦那にお報せでけんのが口惜しいわい」
 そのとき、千石船は大きく揺れた。あやうく海に投げ出されそうになった七助がようよう立ち上がると、
「おい、七助、見てみい」
 舳に立った紺八は馬手をかざした。
「あいつらの船が離れていくぞ」
「は、ほんまや。鉤縄も外れとる。見張りもおらん。紺八どん、こらどういうこっちゃ」
「わしが知るかい! けど、これで船が動かせる。皆に伝えてくれ」
「なんや気味悪うおまんな」
「気にするな。船操るのがわしらの役目や」
「どないしまんねん。江戸へ向かいますのか」
「いや……いっぺん大坂へ戻ろ。今度のことはどう考えてもおかしい。福松は大怪我させられたし、旦那からお上に申し上げてもらわなあかんやろ」
「承知しました。船を戻します」
 水夫たちに指図をしようとした七助に、
「ちょっと待て。あれはなんや」
「へ……?」
 紺八が靄のなかの一点を指差した。はじめは染みのようだったものがみるみる大きくなり、靄のなかに一隻の黒い船が巨大な亡霊のように浮かび上がった。
「ひえっ」
 七助はぺたんと尻餅をつき、
「う、う、海坊主や。食われてしまうで」
「ちがう。しっかりせえ。あれは船や」
「えっ? どこの船や」
「あれは……公儀船や」
 紺八の言を裏付けるように、その船の帆には葵の紋がはっきりと見て取れた。

        ◇

 大坂は高麗橋筋と今橋筋のあいだにある「浮世小路」には、浮世が凝縮したような商売が並んでいる。そのなかでも一番朝早くから開いているのは風呂屋である。仕事まえの朝風呂を楽しみにしている連中が六つ半(午前七時頃)にはもう押しかけてくるから、暗いうちから湯を焚きつけねばならぬ。
「おはようさん」
「おはようさん。今日はいつもより早いんちがうか」
「今から母屋の用事で池田まで走らなならん。そのまえにひとっ風呂と思てな」
「ご苦労なこっちゃ」
「風呂銭ここに置くで」
「おおきに」
 続いて質屋、煙草屋、飛脚問屋、小間物屋などが暖簾をかけ、丁稚が水を撒きはじめる。やがて餅屋、うどん屋、一膳飯屋などからよい匂いが流れだす。
 そういった昼の商売が一段落するころ、それまで眠っていたかのように静かだった一角がにわかに活気づく。浄瑠璃や三味線、踊りなどの稽古屋、安酒をたらふく飲める居酒屋、的に当たると景品がもらえる楊弓屋といった商売が店を開け、同時に出会い宿や妾宅にもひとが出入りしはじめる。
 雀丸は、「竹光屋」という文字が染め抜かれた暖簾から顔を出し、夕陽が西横堀の水面を赤く照らしているのをぼんやりと眺めた。口を半分開き、水の流れを見つめているそのぽかんとした顔つきは、まるでなんにも考えていないかのようだが……そう、なにも考えていないのだ。一日に幾度となく、雀丸は頭をからっぽにし、川や往来や花や木や鳥や虫をぼけーっと見る。そうすることで心のなかが清浄になるような気がするらしい。
 ちゅんちゅん、ちゅちゅん……と十羽ほどの雀が屋根から地面に降り、なにかをついばんでいる。このあたりは堂島の蔵屋敷に近いため、雀が多いのだ。
「そろそろ仕舞おか」
 ふとわれに返り、暖簾を外す。歳はまだ二十四歳。印半纏に腹掛け、股引という身なりで、かつては藤堂丸之助という大坂弓矢奉行付き与力だったとは思えぬほど町人姿が板についている。どこからも「侍の臭い」がしないのだ。近所のものも、彼のことを「雀さん」と仇名で呼ぶぐらいだ。
 色白で、目も眉も細く、鼻筋もすっきりとして、唇も小さい。まるで豆腐のようにあっさりした顔立ちだ。腕も細く、身体つきもひょろりとしており、父親から直心影流剣術をはじめ弓術、棒術、槍術などを叩き込まれたとはとうてい見えぬ。もっとも試合に勝ったことはほとんどない。二、三合も撃ち合うと、
「参りました」
 と木剣を下げてしまうのだ。「勝つのが嫌」だかららしい。相手の腕を見きわめたから、とか、自分のほうが強いとわかったから勝敗はつけなくてもいい、とかいった理由ではなく、純粋に「勝負をする意味がわからない」のだと言う。「相手が憎いわけでもないのに、どうして争わなければならないのか」わからないのだ。
「ふわあ……」
 おおきなあくびをすると、家に入った。土間はやたらと広く、茣蓙のうえに大小さまざまな竹が並べてある。その横には、鉈や鋸、鉋、鑢、錐、膠鍋、砥石……といった大工道具の類が乱雑に置かれている。竹は三方の壁にも、荒縄で縛られてたくさん立てかけてある。
「今日はもう上がりかや」
 奥から、しゃがれた太い声がした。柿色の頭巾をちょんと頭に載せた太った老婆が立っている。背が低いのでよけいに肥えて見えるのだ。きちんと羽織を着て、武家の隠居といった風情である。顔も身体なみに大きく、皺くちゃである。吊り上がった眉毛とぎょろりとした目、赤ら顔のせいで怒っているように思えるが、じつはいつもこういう顔なのだ。平家蟹という蟹の甲羅には、鬼のような文様が浮き出ているが、それにそっくりなのである。名前が「加似江」なので、近所では「竹光屋の蟹のご隠居」などと陰で呼ばれているらしいが、もちろん面と向かって言うものはいない。
「今夜の菜はなんぞ」
 三度の飯だけが楽しみだという加似江が厳しい顔で言った。
「骨抜きドジョウの良いものが安かったので、ささがきゴボウを敷いて卵とじにしようと思っております」
「ほう、それはよいのう。酒が進みそうじゃ。腹が減っておる。さっそく拵えてくれ」
「かしこまりました」
 雀丸は仕事着を脱ぐとさっぱりした浴衣に着替え、たすきを掛けて、慣れた手つきで夕食を作った。土鍋にささがきゴボウを敷き、開いた骨抜きドジョウを並べると、出汁に醤油、酒、みりんなどで味付けをして煮込み、卵でとじる。いわゆる柳川鍋である。あとはネギとワカメの味噌汁と大根の漬け物を出せばよい。
「よい匂いがしてきたわい。山椒はあるかや」
「はい。たっぷりと……」
 ぐつぐつと煮えた小さな土鍋を雀丸は土間につながる板の間に運び、加似江のまえに置いた。
「うほほほ……美味そうじゃ」

トップページへ戻る