書籍試し読み
詳しくはBOOK NAVIへ
 
岳飛伝 十五 照影の章
北方謙三

   瓊母の風

     一

 船には、配船というものがある。
 一艘の大型船が、十三湊で昆布を積んで出発する。南の島伝いの航路の、最も大きな補給地でそれを降ろし、甘蔗糖の樽を積んで、再び十三湊にむかう。それなら、大型船が空船で動くことはない。昆布と長江(揚子江)沿いの物品を交互に運んでも、空船ではない。
 船の航程や積荷について、しっかりと頭に入っていて、どの船はどこ、と配船する者には、全体的な視野が必要になる。
 そういう人間を、張朔は選びに選んで、いまは沙門島と補給地の島の二カ所に置いている。それぞれ五名ずついて、十名ほどの部下を遣いながら、無駄なく荷と船を動かす。
 それを変更するには、張朔といえども、事前の連絡と協議が必要だった。でなければ、どこかで荷が滞り、空船が航走る。
 長江を溯上する船に昆布を積み換えると、張朔は南宋の物品を満載して、補給地の島へ行った。
 そこで荷を降ろすと、張朔の船はもう荷を積まない。船倉に隔壁を入れて堅牢にし、船首に鉄の板を張ったり、甲板にもう一枚、板を載せたりする。
 戦時艤装である。兵員が、二百にもなるが、荷を積まない船内は広く、充分な余裕がある。もう一艘も、同じようにしている。
 中型船はもともと戦時艤装だが、乗っている者は、かなり入れ替る。
 船に手を入れている間、張朔は陸上の営舎にいた。島の集落があるところなどに行くことは禁じていて、歩き回れるのは営舎周辺である。
 便船は、しばしばやってくる。鳩の通信も試みられたが、距離がありすぎて駄目らしい。それに海には、猛禽も少なくない。群れている海鳥でも、鳩の数倍の大きさはあった。
 営舎の一室で、配船の手配などをしている者たちは、いずれ水運も轟交賈の管轄になった時は、それを背負う者たちだ。
 水軍というかたちで、輸送の担当もしてきた張朔は、どこか肌の合わないものを感じる。戦友という言葉で表わせず、役人に近いと思ってしまうが、いずれはそういう者が中心になるのだろう。
 船に乗り組む者たちは、思い思いに鍛練をやっている。櫓手をやる者たちは、脚や腕を鍛えると同時に、湾の深いところに潜る。長い時を潜っていて、それを日に数十回くり返すのだという。
 もう駄目だという、ぎりぎりのところに達した時、死を乗り越えてしまうのが、潜る力と似ているのだ。
 張朔もたまにやってみるが、すぐれた櫓手の半分も潜っていられない。そして、せいぜい五回である。
 営舎のはずれで、飛礫の稽古はやった。これは、心気を澄ませるためでもあった。
 昔、沙門島で、父に飛礫を教えて貰ったことを思い出す。
 島の気候は寒くなく、しかし南方のように暑くもない。
 便船に乗って、五郎がやってきた。
「南宋の絹織物の動きが、止まっていましてね。南宋水軍が、自分たちで運んでいるようでもあるのです」
 絹織物は、南宋の最も大きな物産に育ってきて、どこへでも売れる、という強味がある。
 西遼の朝廷が相当な量を買い、西域に売った。その輸送は轟交賈だが、半分以上は、あるところまで南宋の水軍がやったようだ。
「おい、絹織物を奪えとでも、聚義庁は言っているのか」
「まさか。いまじゃ、轟交賈の、大きな仕事のひとつですしね」
「梁山泊水軍の輸送力は、しばらく半減するぞ」
「わかっています」
 五郎はもう、日本刀を腰には差さず、中華ふうの剣を佩いている。
 南宋水軍の動きが、いま南に集中しつつある。雷州の物資の集積地を守るという意味からも、南に重点を置くのは理解できる。
 その理解の裏に、なにか隠されてはいないか。聚義庁も張朔も、同じことを考えたのだった。それから、致死軍の報告が入った。数ははっきりしないが、相当数の中型船が、象山で密かに建造されている、というのだ。
 南宋水軍が不足しているのは、大型船である。海鰍船があるがすでに古すぎて、ほかのものも旧型である。海に強い大型船が二艘しかないのは、ある時まで南宋が本気で水運を考えていなかった、ということだ。
 五郎は、倉庫の物品の確認に来たのかもしれない。十三湊の任務からは完全に解放され、ほっとしているに違いなかった。十三湊には、王清が行った。
 夕刻まで、五郎は二十五棟ある倉庫に潜りこんでいた。
 簡易な食堂があり、島の日本人がそこで働いている。炸と炒などという料理方法はなく、山羊や豚を焼くか煮る、魚を生で醤か、焼くか煮る。それだけの単純なものだった。量に、不足はない。
 張朔は、船頭たちと食事をとり、営舎の部屋に戻った。
「総帥、よろしいですか?」
 五郎が、酒の瓶を抱えてやってきた。
 部屋には卓と椅子と寝台があるだけである。卓と椅子を脇によけた。日本人は、床に座るし、そこで寝る。中華では地に寝るような感覚だが、日本の床はどこもきれいに磨いてあった。
 瓶も椀も、五郎は床に置いた。
「この酒、北の方で引き合いが多いそうです。寝かせてあるところが、いいのかな」
 甘蔗の搾り滓から作った酒で、かなり強烈である。張朔は水を加えたが、五郎はそのまま、ちびちびと飲んでいた。
 北で喜ばれる酒であることは、張朔も知っている。船で運ぶ時は、水用の樽に詰め直している。揺れで、甕が割れてしまうのだ。
「これを、藤原のお館様のところに持っていった時は、飲んで顔を顰めておられました。しかし、また運んでこいとの、お達しがありました」
「藤原秀衡殿が、中華に来るということは、無理だろうな。北の王であるし」
「長く平泉をあけられるのは、やはり無理でしょうね。窮屈な立場におられると思います。十三湊にまで来られるのが、やっとというところでしょう」
 五郎が、どこの者に命を狙われているのか、一度訊いたが、よくわからなかった。あえて知ろうという気もない。
「李俊殿が沙門島を奪回された時、源太が活躍したのだと申し上げると、喜んでおられましたが」
 戦が終ったら、平泉というところを訪ねてみようか、と張朔は思った。十三湊にある中型船は、もうすっかり古くなってしまっている。修理の方法などは教えているはずだが、あまり職人は育っていないようだ。
 巨大な樹の幹を刳り貫いて船にする、と秀衡は最初は考えていた。
「源太の息子がいたな」
 孫二娘が、孫としてかわいがっていた男の子だ。いまは、本寨の学問所にいるはずだった。
「総帥は、源太の息子が、日本との繋がりになればいい、と思っておられますか?」
「ちょっとだけ、それを考えたことがある。考えてみれば、中華で生まれ育った人間だ。いまは、王清がいる。子供も生まれるだろうと思う」
「王清か。王貴殿の兄弟ですよね。俺は、十三湊で会っただけですが。聚義庁を見たって、ほかを見たって、俺などもう老人ですね」
「言うなよ、五郎。俺の母は、おまえがいてくれて、ずいぶん助かったはずだよ」
 それにはなんの反応もせず、五郎は椀を呷った。
「瓊英様は、一度、俺に言われたことがあります。李俊殿がいてくれて、ほんとうによかったと。長く会っておられず、李俊殿が十三湊に来られた時は、亡くなられたばかりの時でした。お二人に、今生の縁はなかったと思っていたのですが、あの言葉を思い出すたびに、ほんとうにそうだったのだろうか、と考えてしまいます」
 縁とはなんなのか、張朔にはよくわからなかった。会えなかったから、縁がなかったのか。そうだと言えるのか。会うこともなく、あの二人はどこかで結びついていなかったか。
「俺は、瓊英様によくしていただきました。そして、わかるのですよ。張朔殿と変らないぐらい、李俊殿を大切だと考えておられたことが。どこがどうとは言えませんが、いつもそう感じておりました」
「もういいよ、五郎。俺は、あの二人のことでは、なんの役にも立たなかったのだ」
「間に、総帥がおられました。総帥を通して、気持は確かめ合えて、それだけでいい、と思われたのではないでしょうか」
 張朔は椀を呷り、黙って新しい酒を注いだ。話題を変えろ、と言ったつもりだった。なにを語ろうと、もうあの二人はいないのだ。
「総帥にとっては、厄介な男が二人、二、三日後に、ここへ来るはずです」
 五郎が、誰のことを言っているのか、見当はついた。確かに、厄介ではある。
「俺は、長江から沙門島へ行く船に乗り、沙門島からの便船でここへ来たのですが」
「いいのだ。あの二人に関しては、俺は覚悟を決めている」
 李俊が先に死んでしまったことで、二人とも肚の底から怒り、傷つき、悲しんでいるはずだった。
「酔いたくなってきたな」
 張朔は、椀の酒に水を加えずに飲んだ。
「同情します、総帥」
「あの二人が、生きていたいと心の底から思うことが、なにかないかな?」
「死ぬ方法については、俺はなんとなく予測はつくのですが」
 陸上では、すでに戦がはじまっていた。
 秦容と岳飛が、南宋に進攻している。呼延凌はまだぶつかっていないが、海陵王は八万の禁軍(近衛軍)を率いて梁山泊を窺う気配だし、なにより開封府の兀朮が動きはじめていた。
 これまで、局地戦という戦はあったが、国を挙げて闘う段階についに達した。金国も南宋も、そして梁山泊も、それぞれに国のかたちが違う。
 中華は、どこかひとつのかたちに統一されていくのか。それとも、まるで違う新しい姿を見せはじめるのか。
 国の姿は、なるようになる。大事なものがなにかを見きわめ、眼をそらさなければ、なるようになるのではないか。
 海の上で暮らしている時の方が、陸上にいるより長くなった。海の上では、やるべきことをちゃんとやっていれば、自然にできあがっていくものがある。
「おまえは、中華の人間になるのか、五郎?」
「もう、中華の人間ですよ。源太だって、そうです」
「そうすると、王清は日本の人間ということになるのか」
「なんだか、中華じゃ生きにくいようですしね。俺はよくは知らないんですが、十三湊にあの男は合っています。俺などより、瓊英様が作りあげられた仕事を、無駄にしない人間だと思いますね」
 李俊はなぜ、十三湊を動こうとしなかったのか。張朔は、動くことを勧めなかったというより、それができなかったのだ。
 母のいない日本の土地が、李俊の眼にはどう映っていたのか。
 わからなかった。結局、李俊という男をわからないまま、父親のように愛していたのではないだろうか。
「京ってとこは、またおかしなところのようでしてね。俺は平泉にしか行ったことがありませんが、まるで違う場所のようです」
「秀衡殿は?」
「元服される前に、身分を隠して行かれたらしい、という話はありましたが。中華を駈け回っているとなんでもない距離なのに、京は遠いんですよ。ものすごく遠いところだ、と俺はいまも感じます」
 旅に出ようと思った。李俊の許可を受けて船に乗り、降りる時は、ひと抱えの昆布を持たされた。それがどういう価値があるものか、しばらく旅をするまでわからなかった。
 あの時から、どれほどの旅を続けてきたのだろうか。いつしか、海の上が生きる場所になっていた。
 五郎は酔ってきたようで、言葉があやしくなってきた。中華風に頭にはさくをつけているが、日本にいたとしたら、あの烏帽子と呼ばれるものを被っていたはずだ。
 五郎の髪は、白いものが半分あるので、灰色に見える。刈り揃えた髭は、不思議に黒い。顔の皺は、深かった。
「俺は、梁山泊で中華の人間になれて、よかったと思います。梁山泊じゃなかったら、違う人生になっていたな」
「源太もそうだが、よく中華の人間になれたと俺は感心しているよ。俺たちにとっては当たり前のことが、まず大変なこととしてあったのだろうからな」
「源太は、所帯も持ちましたしね」
「おまえは?」
「というより、総帥は?」
「もう寝ろ、五郎。眼が据わってきているぞ」
「酔ってませんよ。ただ、ひどく眠いんです。死ぬ時はこんなだろうと思うほど、眠い。でも、総帥と二人で、こうして飲めたのは、嬉しかったですよ」
 五郎が、立ちあがった。意外にきちんと歩いていたが、外に出て倒れる気配があった。誰かが、抱き起こしているようだ。甘蔗の酒は、やはり強烈で、油断すると足をとられることがある。
 中型船隊が二十艘やってきたのは、三日後だった。桑仁の大型船を護衛していた。
 その船に、狄成と項充が乗っていた。
「二人は、怪我の療養をする、ということになっていなかったかな」
「まあ、ここまで乗ってきて、どうということはない、とわかったよ、張朔殿。赤手隊も、俺を待っているはずだ」
 狄成の声は、妙に冷静で低い。項充は黙りこんでいる。以前から言われている、塞ぎの虫なのかもしれない。
「平底船は?」
「それは、平底船が役に立つ場所に置いてある」
 項充に代って、狄成が言った。
「とにかく、俺と項充は、営舎の部屋をひとつ貰いたい。赤手隊も、編制し直したい。いますぐ、その仕事に入ってもいいかな、張朔殿」
 仕方がないと諦め、張朔は頷いた。
 出ていったのは狄成ひとりで、項充は残った。
「竹の葉で、魚を包む。香料をたっぷり入れて。それを砂の中で蒸すんだよ。いまから、作ってもいいかな、張朔殿」
「めしなら、食堂でできるが」
「作りたい。いや、李俊殿に食って貰いたかった。沙門島の働きなど見ていたら、李俊殿は死なない人だ、と思っていたんだ。俺は、この料理の話を李俊殿にしたことがあって」
「いいよ。ならば作れ」
「あんたも、一緒に食ってくれるか、張朔殿?」
「わかった。食堂に行けば、朝、獲れた魚があるはずだ」
 項充の表情が、ちょっと動いた。笑っているのだった。
 四刻(二時間)ほどして浜に出ると、狄成と項充が焚火を挟んでむき合っていた。火が欲しくなる季節ではないので、ほかには誰もそばにいなかった。
「赤手隊はどうした、狄成?」
 言って、張朔は砂の上に腰を降ろした。
「赤い手甲を用意して、みんな俺を待っていた。呼び集めることもなかったな」
「いい魚、あったのか?」
「お誂えむきのやつが。四尾いるぜ」
 一尾は、李俊のためだろう、と張朔は思った。
 しばらくすると、項充が火に砂をかけて消し、ちょっと待って、板で掘りはじめた。手でやるには、熱すぎるらしい。湯気が、穴からたちのぼってきた。波打ち際から遠くないので、穴の底は湿っていただろう。
 香料のいい匂いも漂い出してきた。
 竹の葉に包まれたものが、四つ出てきた。張朔は、食欲を抑えきれなくなった。
「火傷したくなきゃ、もうしばらく待つんだよ、張朔殿」
「酒を、持ってこようか」
「いや、魚の腹を割いて、そこに酒も入れてある。この場合は、絶対に米の酒だと、項充は言い張ってる。俺も、そう思うが」
 かなりの時を待ち、項充がようやく手をのばした。張朔も、砂がつかないように、慎重に竹の葉を取っていった。竹の葉は、まだ熱を持っている。
 魚が出てきた。陽の光を浴びて、いい色をしていた。焼いたのとも煮たのとも、ただ蒸したのとも違う。食らいつくと、身はきれいに骨から離れてきた。
 口の中に、魚ではないもののように、深い味が拡がってきた。
「塩水につけて、煙で燻した魚は食ったことはあるが」
「それもいいが、項充は昔からひとりでやっていたらしい。おかしな時に、焚火をしていたことがあったからな」
「煙で燻したものより、うまい。たとえようがないが、うまい」
「李俊殿は、こんな料理をすると、喜んでくれたものだ」
 竹の葉に包まれた魚が、一尾残ったままだった。三人とも、それに手を出そうとはしない。

トップページへ戻る