書籍試し読み
詳しくはBOOK NAVIへ
岳飛伝 十七
星斗の章
北方謙三

   幻王の空

     一

 双竜寨から、桓翔が一万を率いて北へむかった。
 金国領である。京兆府(長安)にいる三万も、『義勇』の旗を掲げて、東進をはじめている。この三万は、五万にも六万にも達するだろうが、桓翔軍の指揮下に入り、別働隊として動く。
 雄州にいた夏殃が、三万ほどを集めて燕京(北京)に迫っているという。これも『義勇』の旗を掲げているが、呼延凌の指揮下である。
 秦容は、三万を率い、少し南下してから、東へむかった。臨安府を衝くという構えである。
 岳飛も、二万で衡州を出て、北上をはじめた。岳家軍が百名ずつ入っている各地の城郭では、それぞれ『義勇』の旗を掲げ、人を集めはじめている。巴蜀(四川省地方)からも、『盡忠報国』の旗を掲げた二万が、長江(揚子江)を竹を組んだ筏で下ってきているという。指揮は鄭建であり、成都府に入った時に、秦容も会っていた。潭州出身だと、わけもなく誇らしげに言った男だ。竹の筏は、相当に頑丈なものらしい。それに、下りだった。
 戦の様相が、ある時、がらりと変った。
 岳飛と秦容が、臨安府を衝く構えで進み、それから一旦、それぞれの砦城に引き返した。そこで、程雲が全南宋軍を率いる、というかたちで、姿を現わしたのだ。
 程雲は、岳家軍との交戦で負傷したようだが、それをおして出てきた。
「俺たちの旗は、賑やかなことだな」
 秦容は、『替天行道』の旗を見上げて言った。
「みんな同じなのだ、蒼翼。違う言い方をしているだけだな」
 夜営だった。敵は、まだ遠い。このまま進んでも、あと三日はぶつからない。
「いま、長駆隊から、知らせが入りました。梁山泊軍は、兀朮を討ったそうです。そして、史進殿が、相当の深傷を負われたようです」
 桓翔が北へ行ったので、袁輝が副官の代りをしていた。
「十日も前のことで、その後の史進殿の生死はわかりません」
 死ぬものか、と秦容は思った。史進の生と死は、いつも背中合わせだった。生きていれば、死なない。それだけのことなのだ。
「金軍は、十万騎が十隊に分かれ、総帥は沙歇だそうです。金主の海陵王は、後方に退がっています」
 次には、もう少し詳しい報告が入るだろう。呼延凌の戦も、そろそろ決戦に入るというところか。決戦が数カ月も続いて、何万という兵が死ぬこともある。
 魏庸と鄒明は、それぞれ一万の兵を率いて、いくらか離れたところで野営している。
「あの史進殿が深傷を負われたとは、どういう戦だったのでしょうか」
 史進は、どこかの段階で戦場に突っこみ、兀朮にむかって駈けたのだろう。そして、兀朮に届いた。しかし、史進に届いた敵も、またいたということなのだ。
 秦容は、史進が浅い傷を負ったのさえ、見たことがなかった。赤く塗られたあの鉄棒が、敵が躰に触れることを許さなかった。そしてそれは、史進の背負った、業のようなものにさえなっていた。
 死にたくても、死ねない。どれほどの同志の死を、史進は見続けてきたのか。
「史進という人は、それほど強かったのですか?」
 蒼翼が、焚火の火をいじりながら言った。炎が、一瞬だけ大きくなった。
「狼牙棍を持っていても、あの鉄棒には折られるかもしれんな」
「そんなに、ですか」
「いそうもない男。それがいるのだ」
「たまりませんね。あの狼牙棍だって、俺はいやですよ」
「闘うために、生まれてきたような人さ」
 袁輝が言った。赤騎兵ではなかったが、袁輝はもともと遊撃隊にいたのだ。史進はただ強く大きな存在で、人として見ることさえできなかったのかもしれない。
「明日、また長駆隊が来ると思います」
 そう言って、袁輝は立ち去っていった。
 夜明けとともに、進発した。
 秦容が率いているのは、一万だった。騎馬は五千を超えているが、周辺にいるのは二百騎である。
 原野は、枯れた色をしていた。芽生えは、もう少し先である。
 袁輝が、魏庸や鄒明の軍と、伝令のやり取りをしている。両軍ともに、本隊から二里(約一キロ)ほどのところを、行軍してきていた。
 空は晴れていて、乾いた風が吹いている。

 十万を、五隊に分けた。
 程雲は、そのどこにもいなかった。百騎を率いて、石信の軍の中にいた。
 盡忠寨を、攻めきれなかった。後方や側面から、くり返し介入を受けて、攻めながら防備をかためなければならなかったからだ。
 盡忠寨の守兵は一千ほどで、それを陥とせなかったことを、石信は恥じているようだった。
 守兵の指揮は、岳飛の息子だったという。そして外に、張憲の指揮する軍がいて、およそ三万ぐらいだろう、と見られていた。まとまった軍ではなく、方々の城郭から出てきた岳飛軍に、周辺の民が集まってきたもので、奇襲や夜襲をくり返し、追えば散って逃げたのだという。
 石信が、はじめにやっていた闘い方だった。軍としてまとまりきれていない間は、そんなやり方しかなかった。何度も岳飛に蹴散らされたが、そのたびにまとまりはよくなってきたのだ。
 程雲もまた、恥じていた。埋伏の軍がいることを考えず、岳飛を追ってしまった。それを恥じた。討たれそうになった時、陸甚が身代りになった。それも恥じた。
 自分には過ぎた副官だった、といまにして思う。副官というよりも、戦友だったのか。
 呼び戻した石信にむかって、口には出さなかったが、恥じた者同士で闘うのだと思った。恥辱は、男を強くする。
 石信は、不貞不貞しさはもう出さず、本来持っていた性格を見せるようになった。緻密なのである。大胆さは足りないが、臆病ではなかった。そして五万を指揮しても、大きくは乱れない。
 本隊を一万ずつ上級将校に指揮させたが、数万を指揮できるのは、てき光しかいなかった。徐成は、あっさりと秦容に討たれた。
 あっさり討たれたから、力の差が大きかったとは、程雲は考えない。ほんのわずかな力の違い、運の差でも、討つ、討たれると分かれるのだ。
 程雲が石信の軍の中にいるのは、最初だけのつもりだった。本隊は、五万をてき光が指揮し、残りの五万は程雲自身が指揮するのだ。
 石信の軍は、陸甚が育てあげようとしていた。下級将校であったにもかかわらず、石信を指揮官に選んだ。かつては石信の上にいた上級将校の、公孫圭と関構を、部下に持ってきたのも、陸甚だった。
 思えば、陸甚が示唆した通りに指揮官たちを配し、それが間違いではなかった、という気がする。石信の軍も、精強になりつつあった。ただひとつ、粘りが足りない。気持では退くしかないという時、躰が勝手に踏み留まる、ということができなかった。
 決戦の最初の段階で、それを身につけさせたかった。そのために、前衛になる位置に、石信の軍を置いている。そして、程雲自身が、一戦か二戦、指揮するつもりだった。
「公孫圭、おまえはなぜ、上級将校になれたのだ?」
 たまたま通りかかったので、程雲は呼び止めて、そう言った。
「わかりません」
 公孫圭は、程雲の前では、いつも緊張している。関構も、同じだった。
「それはな、上にいたやつが、馬鹿だったからだ」
「自分にはわかりませんし、口に出して言っていいことだとも思いません」
「女は?」
 公孫圭が、怪訝な表情をする。
「どこかの城郭に女がいて、退役したら一緒になろうなどと、考えてはいないか?」
「それは」
「おまえの勝手さ。死ななきゃ、一緒になれる。そう考えているだろう」
 公孫圭は、口を噤んでうつむいている。
「そんなだから、せっかく上級将校になったのに、若い石信の下につけられるのだ」
「石信殿は、これまでに出会ったことがないような、変った指揮官です。俺のことを、いまだに殿をつけて呼ばれたりしますし」
「おまえも、二万五千の兵を預けられている。普通に考えれば、立派な将軍さ」
「手に余ります」
「俺は、南宋軍本隊十五万と、地方軍二十万を預かっている。手に余るなどと、お互いに言うのはやめよう」
「はい」
「公孫圭、死ねるか?」
「戦では、いつ死ぬかわかりません。その覚悟はしています」
「いま、おまえは死ねるか?」
「いま、ですか?」
 公孫圭の表情が動き、うつむいた。
「処断される理由が、俺にあるのでしょうか?」
「ない。ただ死ね、と俺は言っている」
 公孫圭は、顔をあげなかった。関構に話をした時も、同じだった。
「言葉だけで、言っておく、公孫圭。おまえは、軍の指揮を引き受けた時、死んだのだ。そういうものだ。だから、いま死ねるかと問われた時の答は、死ねない、なのだ。なぜなら、もう死んでいるからだ」
「はい」
 公孫圭が、顔をあげた。
「おまえも関構も、死んでいない。だから、戦を考える時、自分が死ぬことまで含めて、考える。石信には、それがない。おまえたちが石信の下風に立たざるを得ないのは、その違いだけだ」
「考えてみます」
「考えなくていい。俺は、言葉で言っただけだ。死んでる、と言葉ではたやすく言えるが、死ぬのは至難さ。行っていいぞ」
 公孫圭は、一度直立し、部下たちの方へ戻っていった。
 程雲は幕舎へ入り、しばらく地図を見ていた。それは習性のようなもので、頭の中では、岳飛と秦容の首を飛ばしていた。
 地の利などは、関係ない。地形も含めて、地図は頭に入っているが、それも関係ない。一瞬なのだ。岳飛と、秦容と擦れ違う、一瞬。そこに、すべての力を注ぐ。力以上のものを、注ぐ。
 程雲の躰が動いた。馬上にいるような感覚が、束の間、襲ってきたのだ。そして眼の前に、岳飛が、秦容がいた。
 動いた自分に、程雲は苦笑した。陸甚がいれば、怯えて跳びあがった、と言うだろうか。

 ひっそりと門を閉じている城郭もあれば、城壁に人が溢れ、熱狂して軍を迎えている城郭もある。
 岳飛は、『盡忠報国』と『飛』の旗を、大きく振らせながら駈け抜ける。
 岳家軍百名が入って人を集めた城郭では、その近辺の地方軍とのぶつかり合いに備えている。南宋軍本隊との戦は、岳家軍と秦容軍の仕事だった。
 そしてもう、策を弄することが、なんの意味も持たない段階に入っていた。
 信州へむかう。しかしほんとうにむかっているのは、信州の先にある、臨安府である。そこを陥として、南宋主の首を奪るのが目的の戦でもなく、岳飛はいま、盡忠報国の意味とむかい合う戦を、しなければならないのだった。
 あと二、三日で、交戦できる地域へ入る。
 程雲は、どの方向からの攻撃もそこで受けるというように、十五万の軍を展開させていた。
 陽が傾いてきたので、前方三里の丘で夜営と決め、将校ひとりに部下を連れて先行させ、準備を整えさせた。
 梁興が現われたのは、先頭が丘に達したころである。周囲にいるのは十騎ほどで、ほかに牛三十頭を追ってこさせているという。
「腹が減っていたところだ、梁興」
「おまえに運んできたわけではない。これから戦をしなければならん、兵たちに食わせたかった」
「戦では、兵糧しか食えん。せめて移動中ぐらい肉を食わせてやりたい、と考えていたらおまえだ。まるで、俺の気持がわかるようではないか」
 梁興は、そのまま轡を並べて、丘の本営まで来た。
 本営でも、幕舎はない。幕舎を載せる荷駄には、秣があった。
「はじまったな」
 焚火の前に腰を降ろし、梁興が言った。
「勝っても負けても、これが最後の戦か、岳飛」
「そうありたいものだ。中華の中で、次の戦が考えられるやつなど、ひとりもいないだろう。しかし戦は生きている。その息の根を止められるかどうか」
「止められるさ。中華に、五十年戦がないような情況は作れる」
「戦好きの梁興には、もの足りないのではないのか?」
「いや。俺はいま、戦と同じぐらい厳しいことをやっている、という気分なのだ」
 牛は、解体され、肉が焼かれはじめていた。いい匂いが漂ってくる。
「物流とは、それほど大変なことか」
「俺は、蕭R材という男を、ずっと見てきた。物流には、勝者もいない。ただ物流があるだけなのだ。その信念が、微塵も揺るがぬ。国というものが、この世のかたちとして、なんとなくある。金国が、南宋が、梁山泊がある。それは、水に浮いているようなものだ。民という水だな。その国のかたちを取り払ってしまうと、民の水の中にあるものが、しっかり見えてくる。それが、ほんとうのこの世の姿なのだ。国は、かりそめのものにすぎぬ。俺は、この歳になって、国に、いや民の世に、動かし難い姿があることを、教えられたよ」
「民が水で、国は器というのが、おまえの考えではなかったか?」
「その水に、姿があるのだ。かたちではない、姿だ。それを見つめて、物流こそが真の姿だと、信念を持った人間が、ひとりだけいる」
「俺は、蕭R材とは、いろいろあった。黄陂にいるころからだ」
「蕭珪材を斬ったのは、おまえだ。父親の代から、いろいろあったと言える」
「俺は、斬っていない。俺が斬ったのではなく、命運のようなものが、蕭珪材を斬った」
 打狗が、岳飛の焚火で肉を焼きはじめた。大抵は持っている酒を、梁興は持っていなかった。
「おい、打狗。梁興殿だ。挨拶しろ」
 打狗は直立し、それから片膝立ちになった。梁興は、じっと打狗を見ている。
 挨拶すると、打狗はすぐにまた肉に集中しはじめた。何度か肉を焼かせてみたが、不思議にうまい。ただ焼いたものとは、どこか違うのである。
 しばらく焼くと、打狗は肉の串を、火が当たらないところに立てた。そうやっていて、また焼くのだ。それを、二度くり返す。そんなことで肉がうまくなるとは思えず、なにかを遣っているのだろう、と岳飛は思っていた。
「兀朮が、死んだ。その知らせは、入っているよな」
 梁興が言い、岳飛は頷いた。
 戦が好きな男だった。戦好きで思い浮かぶのは童貫だが、兀朮はちょっと違った。いやいや戦をしている、という感じがあるのに、ぶつかれば、楽しくて仕方がない、という思いが伝わってくるのだ。
 史進が、討ち果したのだという。そして史進も、深傷を負っている。
 死なない、と岳飛は思っていた。その場で死んでいなければ、後で死んだりはしないのである。岳飛が知っている戦人は、みんなそうだろう。
「兀朮が死んだことで、金軍の将軍たちはいきり立っているだろう。沙歇は、あまり熱くならない男だとは思うのだが」
「なんだろうな。戦場を燃やすものは、間違いなくある。梁山泊軍も、史進が深傷を負ったということで、燃えあがっているだろうさ」
「実に興味深い男だよ、九紋竜史進は。英雄と言ってもいいのだろう。はじめて会った時は、たまげたな。ただの荒武者なら、いくらでも知っている。たとえば、おまえとか」
「史進には、なにがあった?」
「さあ。俺が感じたのは、悲しみのようなものだったが、相手によって色が変るような、不思議なところはあると思う」
「悲しみか」
「らしくないが、俺はそれを感じたのだよ。同じように、蕭R材にも、悲しみのようなものを感じる」
「俺に感じるものも、あるのか?」
「ある。愚かさのようなもの」
 岳飛は、ただ笑った。それは梁興が言わなくても、自分で感じていることだ。
 中華全土に、血の管のように張りめぐらされた物流が、ほんとうにしっかりしたものになるには、もっと時がかかる、という話を梁興ははじめた。
「蕭R材の息子に、蕭周材がいて、これがよくできている。蕭周材の時代になれば、物流はもう、人の世になくてはならないものだと、誰もがわかるようになっている」
 息子の世代か、と岳飛は呟いた。
 焼けた肉が、差し出された。
「うまいな」
 ひと齧りした梁興が、ぽつりと言った。

トップページへ戻る