書誌情報

集英社コバルト文庫

王女が秘される童話 南瓜の王女の研究録

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著:長尾彩子イラストレーター:宵マチ

あらすじ・概要

忌み子の王女ユリアーナは頭が悪いふりをしつつ、医薬の研究や飢饉に備えての南瓜作りに取り組んでいた。そんなある日、魔性の力を持つとされる忌み子を警戒する父王より、異例の若さで異端審問官となった少年クラウスが婚約者という名の監視役として遣わされてくる。「貴女のお傍を片時も離れるわけには参りません」と宣言した彼は、本当に一瞬たりともユリアーナの傍を離れず…?