サムネイル1
サムネイル2

書誌情報

集英社オレンジ文庫

ナヅルとハルヒヤ 花は煙る、鳥は鳴かない

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著者:乃村 波緒画:あき

あらすじ・概要

花煙草の煙。
それは限りなくやさしい、毒――。

毒がなければ生きていけないと言った「先生」についていったナヅル。
彼はなぜ、いま帰ってきたのか――。生まれ育ったマキヨノで仕事も愛する女性も得て、安定した生活を送るハルヒヤ。
懐かしい友人、ナヅルとの十年ぶりの再会を喜んだものの、彼が「花煙師」になったことを知る。
ナヅルがいない間に、マキヨノでは花煙師の出入りを禁止することが決まったのだ。彼らが作る「花煙草」は、身体に害を与えるという。
複雑な思いでナヅルと接するハルヒヤだったが…。

儚い幻想抒情譚。


2018年ノベル大賞佳作受賞作!