サムネイル1
サムネイル2

書誌情報

集英社オレンジ文庫

ハケン飯友 僕と猫のおうちごはん

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著者:椹野 道流画:内田 美奈子

あらすじ・概要

ごはん男子と「猫」のおいしい毎日。
ほっこりじんわり。ぺこぺこのお腹を一緒に満たす「飯友」のいる幸せ

なんて年明けだ。仕事始めの朝、出社したら会社が潰れてた。
そんな「僕」こと坂井寛生が神社でお賽銭を奮発して頼んだ願いごとのひとつめは「そこそこの新しい仕事が見つかりますように」、
そしてもうひとつは「一緒に飯が食える、気楽な仲間が見つかりますように」。
神社でそう拝んだ晩のこと、夕ごはんの準備をする寛生の前に猫が現れ、人間の言葉で話しかけてくる。『旦那さん?』
唖然とする寛生の前で猫は肉球をぺろんと舐めて、なんと若い人間の男の姿に。
「神さん」から「派遣」された「飯友」なので「ま、ひとつよろしくお願いします」「飯食いましょ、飯」と言って、
寛生の作ったごはん(フォー風にゅうめん、棒々鶏、ベトナム風お好み焼き)を「うめえ。うめえ」と完食して帰っていった。
以来、「猫男」は毎晩やってきて、ごはんを食べたりお喋りをしていくように。
ちょっと不思議で心あたたまる、ごはん男子と「猫男」のおいしく愉快な毎日の、はじまりはじまり・・・・・・!