サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
サムネイル4
サムネイル5
サムネイル6

書誌情報

集英社文庫(日本)

暗夜鬼譚空蝉挽歌 (前)

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著者:瀬川 貴次

あらすじ・概要

夏樹と一条に、最大の危機がせまる!
女御の周りに夜ごと現れる妖しき影の正体は!?

弘徽殿の女御が実家の左大臣家に里帰りし、女房として同行してきた夏樹の従妹・深雪。彼女に連れていかれた東の市で、夏樹は暴れ牛に襲われる。危機を救ってくれたのは、不敵な笑みとふしぎな魅力をたたえた男だった。礼も言えず、名も聞かぬまま別れたその男が妙に忘れがたい夏樹。一方、深雪の滞在する左大臣邸では怪現象が続発しはじめ……。都を揺るがす大事件が、幕を開ける。平安怪異譚、第7弾。