サムネイル1
サムネイル2

書誌情報

集英社文庫(海外)

消えた子供トールオークスの秘密

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著者:クリス・ウィタカー翻訳者:峯村 利哉

あらすじ・概要

誰もが怪しい誰もがおかしい
英国推理作家協会賞新人賞受賞作!!


誰もが顔見知りの小さな町トールオークス。深刻な犯罪とは無縁のこの町で、嵐の晩に、三歳の子供が忽然と消えた。全米の注目を集めたこの失踪事件は、住民総出の捜索でも警察の捜査でも、手がかりすら出てこない。絶望に抗いながら捜し続ける母親。そして、町の住民たちそれぞれが抱えていた秘密が次第に明らかになっていくなかで、意想外の真相が姿を現して──CWA新人賞受賞の傑作ミステリ!