書誌情報

集英社文庫

まぼろしの維新 西郷隆盛、最期の十年

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著:津本陽

あらすじ・概要

首がない。それは西郷隆盛の遺骸だった――。維新の大業を成し遂げた西郷は鹿児島に帰郷していたが、社会の混乱が収まらず、弟・従道の説得により新政府に加わる。精力的に改革を進める西郷だったが、朝鮮との外交問題を巡って大久保らと対立。そして、明治十年の西南戦争に突入する。彼は自らの死と引き換えに何を得ようとしたのか。隆盛の後半生に焦点を絞り、西南戦争の全貌を活写する長編。