書誌情報

集英社文芸単行本

水の匂いがするようだ 井伏鱒二のほうへ

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著:野崎歓

あらすじ・概要

井伏鱒二、生誕120年。本作では、初期から晩年までの作品を貫く、「魚」「水」「釣り」というモチーフが、いかに井伏にとって生の本質を形作っているかを明るみにし、井伏の作品群が21世紀の読者にとって思いがけないほど新鮮で強い感動を与えるにちがいないことを見事に描き出す。「おれは、勉強しだいでは、谷崎潤一郎にはなれるけれども、井伏鱒二にはなれない」と太宰治が評した作家の新たな魅力を見つけよう。僕たちの新しいイブセがはじまる。

すばる掲載