サムネイル1
サムネイル2

書誌情報

集英社文庫(日本)

ばけもの好む中将 八恋する舞台

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著者:瀬川 貴次

あらすじ・概要

『きみは本当に飽きないな』
宗孝に「モテ期」到来! しかし恋文の差出人は死者だった……!?
恋の予感のシリーズ第8弾! いきなり文庫!

帝に舞を披露したことで注目され、突然「モテ期」が到来した宗孝。女房たちから何通もの恋文をもらうが、和歌が苦手で返事に悩む中、中将宣能は、筆跡から書き手の感情が読み解ける妹の初草に、文の鑑定をしてもらおうと言い出し……。一方、九の姉が振り付けた桜の舞で大成功をおさめた稲荷社の専女衆は、次の演目として「藤の舞」を計画していた。手伝いをすることになった宗孝だが……?