書誌情報

集英社コバルト文庫

死にかけ聖女と皇帝の帰還

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著:藍川竜樹イラストレーター:加々見絵里

あらすじ・概要

ブルグ帝国辺境の修道院で働く<紅の聖女>ルチア。奇跡を起こすと評判のルチアだが、実はその力は偽物。修道院存続のために奇跡を演出し、聖なる血と称して自分の血を絞り取るせいで常に貧血状態だった。そんな時、皇子クラウディオに拉致されてしまったルチア。彼から、病にふせる教皇の見舞いのためにルチアが必要だと頼まれ、2人は教皇国に乗り込むことに…!? 激動のヒストリカルラブ!