書誌情報

集英社コバルト文庫

七番目の姫神は語らない 光の聖女と千年王国の謎

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著:小湊悠貴イラストレーター:椎名咲月

あらすじ・概要

女王の姪であり、「十三番目の女神」に使える神乙女のセレナ。ある事情で国外で細々と暮らしていたセレナは、不思議な力によって四百年前の世界へと飛ばされてしまった。その世界で最初に出会ったのは公爵家当主の青年ライゼルだった。ライゼルと親しくなっていくうちに、セレナはライゼルの父親が謎の死を遂げており、女王が関係していることなどを聞かされ……? 壮大なファンタジーロマンス! おまけSS【穏やかな蜜月】追加収録。