書誌情報

集英社文庫

困った死体は瞑らない

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著:浅暮三文

あらすじ・概要

陥没した頭蓋骨には豆腐がぎっしり。他に凶器は見当たらない。ということはつまり!?(「豆腐の死角」)。捜査一課の大黒福助率いる変死体専門の捜査班“サーカス”。鑑識課員の数之十一、監察医の栗栖アメリとともに挑むのは、水中で黒こげになった死体や、屋上で発見された墜落死体など、厄介なものばかり。さらに捜査中に、とある事実に気づいた彼らは予想外の展開に巻き込まれ――シリーズ第2弾。