書誌情報

集英社文庫

水晶庭園の少年たち 喪に服す電気石

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著:蒼月海里

あらすじ・概要

中学生の樹は、祖父が遺した鉱物コレクションと、日本式双晶に宿る「石精」雫の導きにより、鉱物への興味と知識が増している。ある日、希少なエルバ島産のトルマリンがネットのオークションにかけられているのを樹たちが見つける。お父さんを亡くした天音が、遺品を売りさばこうとしていたのだ。彼を放っておけない樹は……。鉱物の優しい輝きが少年の繊細な心を癒すセンシティブロマン、第4弾。