書誌情報

集英社文庫

マダム・キュリーと朝食を

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

著者

著:小林エリカ

あらすじ・概要

どうして、目に見えないもののことは、大切にできないんだろう――。「東の国」に流れ着いた猫と、震災の年に生まれた少女、雛。猫は放射線を“光”として見ることができ、雛の母たちはその“光”を音として聞くことができた。ラジウムの発見は世の中を大きく変えたという。一体どんな風に? 一匹と一人は時空と場所を飛び超え、エネルギーの歴史を知る旅に出る。問題提起に満ちた長編小説。