サムネイル1
サムネイル2
サムネイル3
サムネイル4
サムネイル5
サムネイル6

書誌情報

学習漫画

集英社 コンパクト版 学習まんが 日本の歴史 7武士の成長と室町文化南北朝~室町時代

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

監修:高橋 典幸シナリオ:星井 博文まんが:河野 慶

あらすじ・概要

大好評ハードカバー版が四六判・ソフトカバーのコンパクト版で登場!
新規コラムページ「重要人物」「Q&A」で学習効果UP!

≪カバーイラストは樋口大輔先生!≫ 後醍醐天皇は武士の力を借りて鎌倉幕府をたおし、建武の新政をはじめます。しかし武士や庶民の不満により、政治はふたたび武士の手へ。足利尊氏が京都に幕府を開きます。これはのちに室町幕府と呼ばれ、最盛期は3代将軍義満のときです。日明貿易で富を築き、南北に分かれていた朝廷をひとつにもどしました。その後、8代将軍義政の跡つぎ争いで応仁の乱がおこります。これが下剋上のはじまりでした。