書誌情報

集英社オレンジ文庫

神招きの庭 4 断ち切るは厄災の糸

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著:奥乃桜子イラストレーター:宵マチ

あらすじ・概要

神に逆らう「物申」の能力を受け継ぐために、綾芽は二藍以外の男性との間に子を生さねばならない。受け入れがたい王命は、二人の関係に影を落とした。覚悟の定まらぬまま男性のもとへ向かった綾芽だが、そこに斎庭から緊急の使者が訪れる。地震を引き起こす恐れのある神を招いたものの、様子がおかしいというのだ。いくつもの地脈を巻き込んで異形と化した神を元に戻すため、綾芽は神鎮めに挑むが……。一方二藍は、八杷島の祭官・羅覇をおびき出し、八杷島の真意を問いただそうとする。そこで明らかにされた真実とは……!? 大人気、古代和風ファンタジー第四弾!