書誌情報

集英社オレンジ文庫

忘れじのK はじまりの生誕節

埋め込みコード(HTML)

※このコードをコピーしてサイトに貼り付けてください

試し読み

著者

著:辻村七子イラストレーター:高嶋上総

あらすじ・概要

ダンピールとは人間から吸血鬼へと変わる過渡期にある人の形をした生き物。空を飛び、怪力を発揮し、人々の心の闇から生まれる不定形の黒いもや「テネブレ」を食べ、果てしなく長い命を持つ。アメリカの医学部を中退したガブリエーレは、故郷フィレンツェで知り合ったダンピール「K」と共に過ごすため、見届け人であるニポーテとなる決心をした。だが無条件にとはいかず、適性を審査するためにバチカンから陽気で太鼓腹の中年神父バシリスが派遣されてきた。折しもフィレンツェでは、強烈な突風が何度も発生しており、Kたちはそれにテネブレの気配を感じていた……。